1. HONDA GORILLA

80年代当初、小学生の頃からバイクが好きだった。

目覚めたきっかけは覚えていないが、実家の閑静な住宅街にゾッキーがコールしながら出没すると、僕はその音をラジカセに録っては聴いて悦に入っていたという、ちょっと頭のおかしな少年だったかもしれない。

ただしその後は空前のレーサーレプリカブームもあって次第にレーサーに興味を持ち、僕はいわゆるゾッキーになることは無かった。

またレーサーとは相反するが、バイクで遠くへ旅することにも憧れるようにもなった。

僕は当然のように16歳になるやいなや、中型免許を取得した。

しかしバイクを買う資金はなく、乗りたい気持ちだけが日毎つのるのだった。

そんなある日、母方の従兄弟の兄さんが乗っていたGORILLAを譲ってくれるという話が持ち上がった。
もう眠れないくらい嬉しかったことを覚えている。

譲り受ける日までが本当に待ち遠しかった。

いよいよ当日、従兄弟の家までは車で1時間ほどの距離、母親の軽自動車でGORILLAを引き取りに行った。
今のようにハイトのある軽自動車ではなく、マシンを横に寝かせて無理やり積み込んだ。

そうしてついに手元に自分のマシンがやってきた。

6V時代の2.6psという恐ろしくロースペックマシンだったが、夢は無限に膨らんだ。

モンキー/ゴリラといえば言わずと知れたホビーマシンで、ありとあらゆるアフターパーツが販売され、それこそアフターパーツだけで1台作れるという稀な存在。

「ちっこいハーレー」と呼ばれるだけに、幾らでもお金をつぎ込めるが、当時の僕はバイトもそれほどしておらず、お金はバンドの方に使っていたのでGORILLAはノーマルのまま乗り続けた。

どちらかというと消耗した純正部品を取り寄せ、エンジンまで開けてレストアする方に情熱を向けた。

そんな中、つるんでいた仲間もみんな免許を取り出して、最新のスクーターを手に入れた。

折しもスクーターにもハイスペック競争の波が押し寄せ、JOG-ZやSEPIA-ZZなど7.2psマシンが出揃う中、2.6psのGORILLAでは普通に移動するにも足を引っ張る状況だった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました